適応障害の発症に大きく関わるストレス│病気生活からの脱出

医者

Topics List

障害のサイン

笑顔の看護師

人によって性格は違いますが、その性格によって適応障害を発症しやすいという人がいます。もし発症してしまったときには、家族の協力を得ながら解決していく必要があります。

環境の変化が引き金に

医師と患者

大きな環境の変化が引き金になる適応障害ですが、海外留学や退職、結婚など、大きな環境の変化は誰にでもあることです。しかし、ストレス耐性は、人によって大きく異なります。

理解するという治療法

三人の医者

適応障害は克服することが十分可能なものです。大切なのは自分がこの病について知り、克服していこうという気持ちを持つことです。また日々の生活習慣の見直しも大切になってきます。

うつ病の予備軍

話す医師

適応障害とうつ病は非常に良く似たところがあります。しかし、適応障害とうつ病は違うものであるので、同じ治療法を行うのではなく、ストレスをキーワードに適応障害に合わせた治療を行うことが大切です。

何が原因になるのか

サンプルalt1

社会環境との関連

適応障害とは、自身を取り巻く社会環境にうまく適応出来ず、心身に様々な症状が現れ、社会生活に支障をきたしてしまう症状を指します。例えば、学校においてクラスに馴染めず登校拒否になってしまう、会社において新しい職場に慣れず欠勤をしてしまう、家庭においては夫婦のコミュニケーションがうまく取れず別居や離婚をしてしまうなど、私たちが身近に遭遇するこれらの状況も、適応障害が現れた一つの形です。つまり、環境次第では、適応障害を発症したり、或いは更に悪化したり、反対に症状が緩和されたりということが、誰にでも起こり得るということになります。適応障害を考えるためには、同時に背景にある社会環境も考えることが重要となります。

ストレスが鍵

社会環境にうまく適応出来ないということで生じるのがストレスです。このストレスが適応障害に大きく影響を与えていると言われています。現代はよくストレス社会と言われており、非常に多くの人がストレスに晒されていることになりますが、全ての人がこの適応障害を発症している訳ではありません。つまりストレスをストレスと感じない人、ストレスを感じるがうまく解消出来る人、ストレスを人一倍感じてしまう人など個人差があるということです。環境に対する適応力、忍耐力の違いとも言えますが、その人のライフスタイル、価値観によってもストレスの感じ方は変わってくるので、単に気にしないようにすればいい、我慢すればいいという問題では済みません。従って、その人がどんなパーソナリティーを持っているのか、その人にとってどんなことがストレスになっているか、広い視野で総合的に分析し、ストレスの原因となっているものを排除することが、適応障害の治療には大変重要ということになります。