適応障害の発症に大きく関わるストレス│病気生活からの脱出

うつ病の予備軍

話す医師

適応障害の診断基準

適応障害になってしまう人は数多く存在します。普通に普段生活をしていても発症してしまうこともあるので、違和感があれば適応障害かどうか疑うようにしたほうがいいでしょう。またうつ病に近い症状もありますが、違った部分もあるので、その点を知っておく必要があります。まず適応障害の場合、何かしらのストレスがあった時から3ヶ月ほどで心や体に異変が生じてきます。またストレスの元や渦中にいた場合、さらにその症状が悪化してきます。他にも、そのストレスの渦中や状況下にいないにも関わらず、状況を思い浮かべただけで不安になったり心や体に異常が出てくるのが適応障害の特徴です。これらの状況を当たり前として捉えている人もいますが、この症状が長引くと適応障害だけでなく、うつ病にまで発展してしまうことがあるので、早めの医療機関への受診が求められます。

適応障害とうつ病

適応障害の症状から、適応障害はうつ病と思われがちな部分があります。どちらも非常によく似ていて判断が難しいところですが、適応障害が遊びや趣味などの個人がストレスを感じない環境では症状が出ないのに対し、うつ病においては、遊びや趣味などのストレスを感じない環境であっても、抑うつ気分があり関心がなくなるという違いがあります。つまり、適用障害の場合は、ストレスの要因から離れれば元気が戻りますが、うつ病の場合は戻らないのです。このようなことから、適応障害は軽症のうつ病に近いと考えられており、うつ病の予備軍と位置付けられているようです。

適応障害の治療

軽症のうつ病と同じように、抗うつ薬や抗不安薬などが処方されることが適応障害の治療においてはあります。しかし、ストレスが原因として大きく関わっている適応障害の治療で最も効果的なのは、原因となっている心理社会的ストレスを軽減することです。ステレスの原因が何かをよく検証し、ストレスが感じにくくなるような環境に整えていくことが大事です。場合によっては、暫くの間休業や休学をして、心身をゆっくり休めることも検討してみましょう。その間に、カウンセリング等によって情緒面のメンテナンスを行ったり、会社や学校などに対して、取り巻く環境を改善してもらえるよう援助を求めていくことも重要です。